Circular Economy Hub がお届けするオンラインイベント「Circular X(サーキュラーエックス)」。2024年2月は、サーキュラーエコノミーについてこれから学びたい方向けに、入門編として編集部メンバーがお届けします。

サーキュラーエコノミーについて学び始める際に、多くの方が持つ疑問にはどのようなものがあるでしょうか。過去に開催したCircular Xや編集部に寄せられたコメントなどからは、下記のようなご質問をいただきます。

  • サーキュラーエコノミーへ移行することによって、どのような社会を目指そうとしているのか。
  • サーキュラーエコノミーに相対する言葉として使われる「リニアエコノミー(直線型経済)」とは何が違うのか。
  • サーキュラーエコノミーと、3R (reduce / reuse / recycle )はどのように違うのか。
  • 経済が循環型になると、どのようなメリットがあるのか。
  • どのような経済効果が期待できるのか。
  • 人々の生活の質は向上するのか。
  • サーキュラーエコノミーに移行しない場合、どのようなリスクがあるのか。
  • サーキュラーエコノミーが実現すると、SDGsの達成にはどのように貢献できるのか。
  • 欧州には、サーキュラーエコノミーへの移行が進んでいる国があるが、どのような先進事例があり、なぜそれが実現できているのか。
  • 日本でサーキュラーエコノミーへ移行していくには、どのような可能性があるのか。

今月は、サーキュラーエコノミーについて学ぼうとする初期段階にて直面することの多い、基本的な下記の5つの疑問に対し、現時点で考えられる最適な答えを探っていくことで、サーキュラーエコノミーについての理解を深めてまいります。

  1. サーキュラーエコノミーとは? 
  2. サーキュラーエコノミーに移行するメリット、移行しないリスク
  3. サーキュラーエコノミーが実現すると、SDGsにはどのように貢献できるのか
  4. 欧州の一部の国では、なぜサーキュラーエコノミーが進んでいるのか
  5. 日本におけるサーキュラーエコノミー移行の可能性

日時

2024年2月26日(月)19:00-20:30

当日の内容

19:00~:オープニング

19:05~:本編

  • サーキュラーエコノミーとは?
  • サーキュラーエコノミーに移行するメリット、移行しないリスク
  • サーキュラーエコノミーが実現すると、SDGsにはどのように貢献できるのか
  • 欧州の一部の国では、なぜサーキュラーエコノミーが進んでいるのか
  • 日本におけるサーキュラーエコノミー移行の可能性

20:10~:質疑応答

20:25~:クロージング

20:30 終了予定

※上記時間は目安です。進行状況に応じて変更する場合がございます。

定員

30名(先着順)

料金(税込)

  • 一般 2,000円
  • ニュースレター登録者 1,500円(2月中旬までに配信予定のニュースレター中のクーポンコードをご確認下さい)
  • CEHub 読者会員 1,000円(本記事にログインのうえ、クーポンコードをご確認下さい)
  • 学生 1,000円(Peatixページにてクーポンコードをご確認下さい)
  • CEHub コミュニティ会員 無料

申し込み方法

こちらのPeatixページよりお申込下さい。

プログラムを通じた到達イメージ

サーキュラーエコノミーの基本的な概念について理解する

対象者

サーキュラーエコノミーの基礎について学びたい方

注意事項

  • 入室用URLを開始1時間前までにお申込みの皆さまへPeatixのメッセージよりお送りいたします。
  • 開場は18時50分を予定しております
  • Zoomのご利用が初めての方は開始前にアクセスしてください。機能の制限があるため、極力PCでのご参加をお勧めします
  • 講義の時間にはマイクをミュートにさせていただきます
  • イベントの内容は録画させていただき、後日申し込みいただいた皆様にアーカイブ動画の限定配信を行う予定です。予めご了承ください
  • お申込み後のご返金はお受けしかねますので、あらかじめご了承ください。当日ご参加いただけなかった場合にも後日アーカイブ動画をお送りいたします
  • 時間配分は事情により変更になる場合がございます
  • 領収書についてはPeatix内のこちらをご参照ください

主催

Circular Economy Hub:Circular Economy Hub は、ハーチ株式会社が運営するサーキュラーエコノミーの推進を目的としたオンラインプラットフォームです。国内外のサーキュラーエコノミーに関する最新情報や事例、洞察、イベント・ワークショップ、体験プログラム、ネットワーキング、マッチングなどを通じてサーキュラーエコノミーを推進したい企業や団体、自治体の皆様を支援します。
URL:cehub.jp

ハーチ株式会社:Content Marketing for Good(社会をもっとよくするコンテンツマーケティング)をコンセプトにウェブメディアを事業を展開。世界のソーシャルグッドなアイデアマガジン「IDEAS FOR GOOD」では2019年に欧州6ヶ国(オランダ・イギリス・フランス・ドイツ・ノルウェー・フィンランド)でサーキュラーエコノミーに取り組む企業・団体50社以上の取材を実施。欧州の先進的な事例を基に日本でもサーキュラーエコノミーの推進を加速したいと考え、2020年3月に「Circular Economy Hub」をローンチ。現在は神奈川県横浜市で「Circular Yokohama」も展開中
URL:harch.jp

Circular X 開催の主旨と背景

カーボンニュートラル移行の動きに呼応してサーキュラーエコノミーが加速化するなか、概念を的確に捉え、具体的実践へ移すことが求められています。また、その議論や実践内容は日々アップデートされています。Circular Xは、Circular Economy Hub編集部からのインプットと各業界・領域のフロントランナーの皆さまの実践や知見とを掛け合わせながら、ご参加いただく皆さまとともにサーキュラーエコノミーを深める化学反応を起こしていくことを目的としています。

下記、読者会員向けの割引クーポンコードを記載しております。ログインして取得いただき、申込時に入力をお願いいたします。コミュニティ会員へはSlackにて無料となるクーポンコードをご案内いたします。

Circular Economy Hub Logo

この記事は、Circular Economy Hub 会員専用記事となります。

会員の方はこちら

いつもありがとうございます。

会員登録を希望される方はこちら

新規会員登録(法人割引あり)

会員詳細はこちら

会員種別と特典

読者会員

月額980
(1日あたり約32円)

  • Circular Economy Hub の記事読み放題
  • 月例イベント(2,000円相当)参加無料
  • 会員限定オンラインコミュニティ参加

特典詳細はこちら

コミュニティ会員

月額2,980
(1日あたり約99円)

  • Circular Economy Hubの記事読み放題
  • 月例イベント(2,000円相当)参加無料
  • 会員限定オンラインコミュニティ参加

特典詳細はこちら