Subscribe Now

* You will receive the latest news and updates on your favorite celebrities!

Trending News

チリ共和国

Chile

目次

  1. サーキュラーエコノミーの動向
  2. サーキュラーエコノミー推進組織・機関
    • チリ政府環境省
    • チリ政府サーキュラーエコノミー室
    • CIEC
    • Low Carbon Business Action Chile
  3. 先進的な企業事例
    • Algramo
    • Ecocitex

サーキュラーエコノミーの動向

英INSEADとWorldbusinessによるグローバルイノベーションインデックスでは、ラテンアメリカ諸国トップのスコアを誇るチリ共和国。2050年カーボンニュートラル化に向けた地球温暖化対策にサーキュラーエコノミーを取り入れた国の一つとして今、世界でも一歩先んじようとしている。

チリ環境省は2019年、ラテンアメリカ諸国では初となるサーキュラーエコノミーの実施プログラムである「サーキュラーチリ」を開始した。2040年までのロードマップとして▼資源採掘▼生産▼消費・サービス▼廃棄物管理という4つのフェーズに着目し、家庭から排出され最終処分場で処理される廃棄物の割合を10%以下に抑える(現状は96%が最終処分されている)と同時に、現状では1%にとどまる有機廃棄物のリサイクル率を66%にまで大幅に引き上げることを目指している。

2020年には、地球温暖化対策として30年までに温室効果ガスを45%削減、50年にカーボンニュートラル化することを表明。欧州連合(EU)やオランダ、フィンランドと同様に、温室効果ガス削減の国家目標(NDC)の達成に向けた施策としてサーキュラーエコノミーを正式に位置付けた。サーキュラーチリで表明した2040年までの目標達成に向けて、国家としてのサーキュラリティー(循環性)測定を2022年から本格化させる。

チリでは、サーキュラーエコノミーの推進で以下3つの分野が重視されている。

Circular Economy Hub Logo

この記事は、Circular Economy Hub 会員専用記事となります。
会員の方は ログイン してご覧ください。いつもありがとうございます。
会員登録を希望される方は 新規会員登録ページ へとお進みください(法人割引あり)。

読者会員

月額980
(1日あたり約32円)

  • Circular Economy Hub の記事読み放題

(特典詳細はこちら

コミュニティ会員

月額2,980
(1日あたり約99円)

  • Circular Economy Hubの記事読み放題
  • 月例イベント(3,000円相当)参加無料
  • 会員限定オンラインコミュニティ参加

(特典詳細はこちら