Subscribe Now

* You will receive the latest news and updates on your favorite celebrities!

Trending News

ドイツ

Germany

1)サーキュラーエコノミーの動向

1950年代~1960年代にかけてドイツは高度経済成長を遂げ、産業の発達に伴い公害が深刻化した。欧州最大の工業地帯の一つであったドイツ北西部に位置するルール地方において、当時の党首候補で後にドイツの首相となるヴィリー・ブラント氏は1961年、「ルール地方の空は再び青くなるはずです」と呼びかけた。これがドイツにおける環境政策の考え方の始まりと見なせると連邦環境庁はみている。

その後の環境およびサーキュラーエコノミーに関する主な動向は、以下のとおりだ。

こちらは会員専用コンテンツです。
全文を閲覧するには、会員登録が必要です。

会員の方はログインページよりログインしてご覧ください。

会員登録がまだお済みではない方は、新規会員申し込みページへとお進みください。