Subscribe Now

* You will receive the latest news and updates on your favorite celebrities!

Trending News

韓国

Korea

1)韓国におけるサーキュラーエコノミーの動向

日本と同様に資源小国である韓国は、1992年に資源の節約とリサイクル促進に関する法律が制定されたのをきっかけに、焼却ではなくリサイクルを主とした廃棄物処理を推進してきた。最近になって、気候変動対策とともに資源安全保障の観点も視野に入れた形でサーキュラーエコノミー(循環型経済)の構築を目指すと明言。新たな政策を次々と打ち出している。

1995年に廃棄物処理を定額制から従量課金制に転換した後、1997年には生ごみの分別と従量課金を義務化。日本などと比べて比率の高かった廃棄物の埋め立てについても、他国と同様に都市部を中心とした処分場のひっ迫が深刻化したため、2005年にはごみの埋め立て処理が禁止になり、廃棄物の量的削減がリサイクルと同時並行で進んだ。リサイクル製品の使用を促進するためのいわゆるグリーン調達促進法も同年に制定されている。

Circular Economy Hub Logo

この記事は、Circular Economy Hub 会員専用記事となります。
会員の方は ログイン してご覧ください。いつもありがとうございます。
会員登録を希望される方は 新規会員登録ページ へとお進みください(法人割引あり)。

読者会員

月額980
(1日あたり約32円)

  • Circular Economy Hub の記事読み放題

(特典詳細はこちら

コミュニティ会員

月額2,980
(1日あたり約99円)

  • Circular Economy Hubの記事読み放題
  • 月例イベント(3,000円相当)参加無料
  • 会員限定オンラインコミュニティ参加

(特典詳細はこちら