Subscribe Now

* You will receive the latest news and updates on your favorite celebrities!

Trending News

リヨン(フランス)

Lyon

目次

フランス・パリ市東南470kmに位置するリヨン市は、人口52万人を有するフランス第3の商業都市だ。その歴史は古く、旧市街はユネスコの文化遺産に登録されており、フランスの主要観光地の一つとしても知られる。また、フランス・アルプスに近く、周辺は多くの自然にも恵まれている。

サーキュラーエコノミーの変遷と動向

廃棄物管理を中核とするリヨン市の環境政策

リヨン市は、環境への取り組みとして、かねてより廃棄物管理に注力しており、2007年に、「廃棄物管理政策(2007年~2017年)」を10年にわたる長期計画として採択した。この政策に基づき、中央政府担当機関ADEMEの支援のもと、多数の廃棄物削減プログラムに着手している。

リヨン市の廃棄物管理への取り組みは、国家政策が施行される以前から2009年に自治体の自主的活動として着手され、その後設定されたEU及び政府レベルの政策・規制に沿う形で、より具体的な戦略計画やスコープの拡大などを経て発展してきた。

これまでの廃棄物管理を中心としたリヨン市の取り組みの一例

  • 市内12ヶ所に、「寄付持ち込み場」を設置し、市民は、不要となった品物・家具・電気製品など日常生活で使用するものを持ち込むことができ、持ち込まれたものは再利用される
  • リヨン市は、有機廃棄物の堆肥化に注力しており、2018年には市内の一定地域に70ヶ所の堆肥場を設置、学校などの教育機関にも専用の堆肥場を設け、市民に向けてコンポストの使い方講座も提供している
  • 毎年欧州では、クリスマス時期にもみの木が大量に販売され、クリスマス後に廃棄される。リヨン市では、168ヶ所に回収ポイントを設置し、集められたもみの木は、堆肥化されて再利用される
  • 都市計画が行われているリヨン郊外のVilleurbanne 及び Vaulx-en-Velinでは、リノベーション・植生回復・原料の再利用・公共工事や施設における廃棄物の管理など、サーキュラーエコノミーにおける取り組みの実験的な適用が行われた

その後、同市議会は、2018年には、廃棄物管理政策を引き継ぐ新プログラム「2019年〜2024年一般廃棄物の防止プログラム(PLPDMA)」を発表した。当プログラムは、地域の環境政策であると同時に、国家政策であるグリーンエネルギーへの移行への貢献も目的としている。

PLPDMAでは、サーキュラーエコノミーの概念について触れ、廃棄物管理への一体化の必要性について言及している。

Circular Economy Hub Logo

この記事は、Circular Economy Hub 会員専用記事となります。
会員の方は ログイン してご覧ください。いつもありがとうございます。
会員登録を希望される方は 新規会員登録ページ へとお進みください(法人割引あり)。

読者会員

月額980
(1日あたり約32円)

  • Circular Economy Hub の記事読み放題

(特典詳細はこちら

コミュニティ会員

月額2,980
(1日あたり約99円)

  • Circular Economy Hubの記事読み放題
  • 月例イベント(3,000円相当)参加無料
  • 会員限定オンラインコミュニティ参加

(特典詳細はこちら