アパレル業界向けにサーキュラー・ソリューションを提供するThe Renewal Workshop(以下、TRW)はこのほど、報告書『Leading Circular 2021』を発表した。同報告書のなかで、衣料品やバッグなどの「リニューアル」(修理して標準の状態に戻すこと)が、製品を新しく生産する場合と比較してCO2排出量を平均51.5%削減できることを示した。

TRWは、ファッションブランドが資源利用と収益確保とをデカップリング(分離)させ、サーキュラーエコノミーの手法でビジネスを拡大するよう支援しており、衣類と繊維企業に対し今後5年間で新規生産の10%をリニューアルするよう呼びかけている。

ここから先は、Circular Economy Hub 会員専用コンテンツとなります。
会員の方はログインページよりログインしてご覧ください。
会員登録がまだお済みではない方は、新規会員申込ページへとお進みください(法人会員割引もございます)。

  • 読者会員(月額980円):Circular Economy Hub の全記事が読み放題。
  • コミュニティ会員(月額2,980円):会員限定オンラインコミュニティにも参加可能。