仏エールフランスKLM・石油会社の仏トタル・空港経営管理の仏ADPグループ・航空機製造の仏エアバスはこのほど、持続可能な航空燃料(以下、SAF※)を使用した長距離飛行を実現した。同飛行は、航空業界における脱炭素化への取り組みの一環として、フランス国内でのSAFのサプライチェーン構築を目的として実施された。

これ以降は会員専用コンテンツです。
全文を閲覧するには、会員登録が必要です。

会員の方はログインページよりログインしてご覧ください。

会員登録がまだお済みではない方は、新規会員申し込みページへとお進みください。