気候変動対策に取り組む世界100都市以上で構成されるC40(世界大都市気候先導グループ)の南半球13都市はこのほど、誓約「C40’s Pathway Towards Zero Waste(廃棄物ゼロへの道)」に署名した。

廃棄物を削減し都市をクリーンで衛生的かつレジリエントで包摂的にすることを目指す同誓約は、アルゼンチンの首都ブエノスアイレスで開催されたC40世界市長サミットで発表された。署名したのは、ブエノスアイレス、アクラ(ガーナ)、アンマン(ヨルダン)、ベンガルール(インド)、クリチバ・リオデジャネイロ(ブラジル)、ダルエスサラーム(タンザニア)、ダーバン・エクルフレニ・ツワネ(南アフリカ)、フリータウン(シエラレオネ)、ナイロビ(ケニア)、キト(エクアドル)。これらの都市の署名発表に際し、C40は以下の見解を公表した。

Circular Economy Hub Logo

この記事は、Circular Economy Hub 会員専用記事となります。
会員の方は ログイン してご覧ください。いつもありがとうございます。
会員登録を希望される方は 新規会員登録ページ へとお進みください(法人割引あり)。

読者会員

月額980
(1日あたり約32円)

  • Circular Economy Hub の記事読み放題

(特典詳細はこちら

コミュニティ会員

月額2,980
(1日あたり約99円)

  • Circular Economy Hubの記事読み放題
  • 月例イベント(2,000円相当)参加無料
  • 会員限定オンラインコミュニティ参加

(特典詳細はこちら