エレン・マッカーサー財団と国連環境計画(UNEP)は11月16日、グローバルコミットメントの第3回進捗レポートを発表した。

同コミットメントは、2018年10月にエレン・マッカーサー財団とUNEPがプラスチックの循環型モデル構築を目的として立ち上げた。企業や政府など500以上の組織が署名している。署名組織が生産するプラスチック容器包装は、世界の生産量の20%を占める。今回のレポートでは、署名組織のバージンプラスチック使用量はすでに最大値となり現在減少傾向にあることと、使い捨て容器包装の需要を削減するべくさらなる取り組みが必要であることが報告された。同レポートの概要は、以下である。

こちらは会員専用コンテンツです。
全文を閲覧するには、会員登録が必要です。

会員の方はログインページよりログインしてご覧ください。

会員登録がまだお済みではない方は、新規会員申し込みページへとお進みください。