英ブルネル大学の研究チームは、リサイクルしたペットボトルから飲料に溶出する可能性のある化学物質193種類を検査した結果、150種類の化学物質が飲料に溶出したことを発見し、そのうち18種類の化学物質が規制値を超えていたと発表した。同研究結果は科学誌「Journal of Hazardous Materials」に5月に掲載される。

食品接触化学物質(FCC)は、包装された食品や飲料に含まれていることが多いが、低濃度であれば安全であると考えられている。しかし、リサイクルされたポリエチレンテレフタレート(rPET)に充填された飲料は、バージンPETに充填された飲料よりも高濃度のFCCを含むことが同研究で明らかにされた。ペットボトルのリサイクルが安全性と品質に与える影響については今後調査するとしたうえで、rPETはバージンPETに比べてアンチモン(Sb)とビスフェノールAの溶出が多いことを研究チームは報告した。

Circular Economy Hub Logo

この記事は、Circular Economy Hub 会員専用記事となります。
会員の方は ログイン してご覧ください。いつもありがとうございます。
会員登録を希望される方は 新規会員登録ページ へとお進みください(法人割引あり)。

読者会員

月額980
(1日あたり約32円)

  • Circular Economy Hub の記事読み放題

(特典詳細はこちら

コミュニティ会員

月額2,980
(1日あたり約99円)

  • Circular Economy Hubの記事読み放題
  • 月例イベント(3,000円相当)参加無料
  • 会員限定オンラインコミュニティ参加

(特典詳細はこちら