欧州委はこのほど、使い捨てプラスチック製品禁止指令(2019年5月採択)に関するガイダンスを発表し、市場導入されている漁具と回収された廃漁具の監視・報告に関する実施決定を採択した。

使い捨てプラスチック製品や漁具による海洋ごみを減らし、革新的で持続可能なビジネスモデル・製品・素材を使用してサーキュラーエコノミーへの移行を促進することが目的だ。海洋ごみの80%以上はプラスチックで、2018年の影響評価によると投棄・紛失・廃棄された漁具は海岸に散乱するごみの27%を占めていることが背景にある。

このコンテンツを閲覧するにはログインが必要です。会員の場合、こちらからログインしてください。