エレン・マッカーサー財団はこのほど、「循環型公共調達」ツールを開発した。

循環型公共調達は、地方自治体が公共用の製品・サービスを調達する際に、サーキュラーエコノミーの3原則に沿って購入する手順を示すツールだ。現在、公共調達は世界GDPの15%〜20%を占めており、地方自治体による調達は約50%にのぼる。この数字からも、サーキュラーエコノミーモデルを形成するうえで、地方自治体は重要な役割を担うことがわかる。

Circular Economy Hub Logo

この記事は、Circular Economy Hub 会員専用記事となります。
会員の方は ログイン してご覧ください。いつもありがとうございます。
会員登録を希望される方は 新規会員登録ページ へとお進みください(法人割引あり)。

読者会員

月額980
(1日あたり約32円)

  • Circular Economy Hub の記事読み放題

(特典詳細はこちら

コミュニティ会員

月額2,980
(1日あたり約99円)

  • Circular Economy Hubの記事読み放題
  • 月例イベント(3,000円相当)参加無料
  • 会員限定オンラインコミュニティ参加

(特典詳細はこちら