欧州委員会は6月22日、2050年までの自然再生と2030年までの農薬使用半減の提案を採択した。両案は、欧州グリーンディールの中核をなす「生物多様性戦略」と「農場から食卓まで戦略(Farm to Fork Strategy)」に沿っており、EUおよび世界の食料供給のレジリエンスと食料安全保障の確保に役立つとしている。欧州委が今回発表した内容は、以下である。

両案が提案された背景は、欧州における生態系破壊と生物多様性の喪失、および自然に依存する経済活動と食料システムにある。欧州の生息地の80%以上は劣悪な状態にあり、最も影響を受けているのは湿地・泥炭地・草地・砂丘である。1970年以降に湿地は50%縮小し、過去10年間で魚と両生類の個体数はそれぞれ71%、60%減少した。また、世界のGDPの半分以上は自然と自然が提供するサービスに依存しており、世界の食用作物の75%以上の種類は動物が送粉している。

両案の内容は、次のとおり。

Circular Economy Hub Logo

この記事は、Circular Economy Hub 会員専用記事となります。
会員の方は ログイン してご覧ください。いつもありがとうございます。
会員登録を希望される方は 新規会員登録ページ へとお進みください(法人割引あり)。

読者会員

月額980
(1日あたり約32円)

  • Circular Economy Hub の記事読み放題

(特典詳細はこちら

コミュニティ会員

月額2,980
(1日あたり約99円)

  • Circular Economy Hubの記事読み放題
  • 月例イベント(3,000円相当)参加無料
  • 会員限定オンラインコミュニティ参加

(特典詳細はこちら