蘭フローニンゲン大学と米メリーランド大学の研究者らはこのほど、レポート「Evidence of decoupling consumption-based CO2 emissions from economic growth(経済成長と消費ベースCO2排出量のデカップリングの証拠)」を発表した。

経済成長と環境負荷のデカップリングは持続可能な成長の実現に必要であると考えられており、これを達成するための新しい経済モデルとして近年、サーキュラーエコノミーが注目されている。同レポートにおいて、研究者らは見解および調査結果を以下のとおり報告した。

ここから先は、Circular Economy Hub 会員専用コンテンツとなります。
会員の方はログインページよりログインしてご覧ください。
会員登録がまだお済みではない方は、新規会員申込ページへとお進みください(法人会員割引もございます)。

  • 読者会員(月額980円):Circular Economy Hub の全記事が読み放題。
  • コミュニティ会員(月額2,980円):会員限定オンラインコミュニティにも参加可能。