マイクロソフトはこのほど、株主代表である「As You Sow(※)」が提出した提案に応え、2022年末までにデバイスを修理する消費者の選択肢を増やすことに合意した。

電子機器廃棄物は世界で急増しており、PCデバイスに関連するCO2排出量の約70%は生産工程で発生するとAs You Sowは認識している。修理は、エレン・マッカーサー財団が提唱するサーキュラーエコノミーの3原則の一つ「製品と原材料を捨てずに使い続ける」に該当する。修理によってデバイスを長寿命化させると、採掘と精製の工程で生じる有毒物質とCO2排出量、および埋め立ての削減に役立つ。

As You Sowによる株主提案の撤回を条件として、Microsoftは以下を実施する予定だ。

Circular Economy Hub Logo

この記事は、Circular Economy Hub 会員専用記事となります。
会員の方は ログイン してご覧ください。いつもありがとうございます。
会員登録を希望される方は 新規会員登録ページ へとお進みください(法人割引あり)。

読者会員

月額980
(1日あたり約32円)

  • Circular Economy Hub の記事読み放題

(特典詳細はこちら

コミュニティ会員

月額2,980
(1日あたり約99円)

  • Circular Economy Hubの記事読み放題
  • 月例イベント(3,000円相当)参加無料
  • 会員限定オンラインコミュニティ参加

(特典詳細はこちら