米食品・飲料大手のペプシコはこのほど、環境再生型農業の慣行を700万エーカー(約2万8,000平方キロメートル、福島県の約2倍)に拡大することなどを定めた2030年の目標を発表した。

同社はこの取り組みにより、2030年までに最低300万トンの温室効果ガス排出量(GHG)が削減されると予測している。同目標は環境再生型農業を加速し、農業コミュニティを強化する方法で作物と原料を調達することを目的とする。ペプシコは、同目標の概要を以下のように明らかにした。

このコンテンツを閲覧するにはログインが必要です。会員の場合、こちらからログインしてください。