蘭ライデン大学の科学者などから成る国際研究チームはこのほど、植物性食品を中心とした食生活への移行によるCO2削減・吸収効果などをまとめた論文を食品分野の学術誌「Nature Food」で発表した。

同論文の概要は、次のとおりだ。

家畜を放牧し、飼料を栽培するために必要な面積は莫大であり、世界の農地の約80%、居住可能地の約35%を占めている。高所得国が動物性食品から脱却すれば、飼料栽培に必要な土地は大幅に減少すると予測される。その結果、広大な土地が自然の状態に戻り、野生の植物や木々が大気中のCO2を吸収できる。

Circular Economy Hub Logo

この記事は、Circular Economy Hub 会員専用記事となります。
会員の方は ログイン してご覧ください。いつもありがとうございます。
会員登録を希望される方は 新規会員登録ページ へとお進みください(法人割引あり)。

読者会員

月額980
(1日あたり約32円)

  • Circular Economy Hub の記事読み放題

(特典詳細はこちら

コミュニティ会員

月額2,980
(1日あたり約99円)

  • Circular Economy Hubの記事読み放題
  • 月例イベント(3,000円相当)参加無料
  • 会員限定オンラインコミュニティ参加

(特典詳細はこちら