エレン・マッカーサー財団はこのほど、ブラジルのサンパウロ市と米ニューヨーク市が同財団の戦略パートナー都市に加盟したと発表した。

このパートナーシップは、経済発展や気候変動といった都市の課題に対するサーキュラーエコノミー型ソリューションの拡大を目的としている。同財団が構築するパートナーシップにはすでに多くのグローバル企業や慈善団体が加盟しているが、都市としての参加はサンパウロ市が初。また、その後に続いて加盟したニューヨーク市は北アメリカで初の加盟都市となる。

これ以降は会員専用コンテンツです。
全文を閲覧するには、会員登録が必要です。

会員の方はログインページよりログインしてご覧ください。

会員登録がまだお済みではない方は、新規会員申し込みページへとお進みください。