蘭ユトレヒト大学のCopernicus Institute of Sustainable Development(持続可能な発展に関するコペルニクス研究所)とオーストリアに本拠を置くNPOのREVOLVE Circularはこのほど、サーキュラーエコノミーに関する世界的調査「Imagine Circularity」を開始した。

同調査は、リニアエコノミーからサーキュラーエコノミーへの移行に関する世界の消費者・生産者・製品設計者の認識をより良く理解することを目的とし、参加者にサーキュラーエコノミーに関するさまざまな基本概念を紹介して知識向上を図るべく設計された。調査結果は政策決定プロセスや企業の意思決定への反映・消費形態の世界的変化に役立つとしており、世界中から100万人の回答者を募り広く調査する意向だ。

これ以降は会員専用コンテンツです。
全文を閲覧するには、会員登録が必要です。

会員の方はログインページよりログインしてご覧ください。

会員登録がまだお済みではない方は、新規会員申し込みページへとお進みください。