ドイツに本拠を置く、エレクトロニクス・オートメーション・デジタル分野における世界有数のテクノロジー企業であるシーメンスはこのほど、今後価値の高い成長が見込まれ、重点的に取り組む主要な分野を発表した。

発表された主要分野の目標

  • 現実・デジタル双方の世界を独自に組み合わせ、顧客に最大の影響を与える
  • 野心的なフレームワーク「DEGREE」を用いて持続可能性に焦点を当てる
  • 高価値の成長を加速するための新しい財務目標と新しい財務フレームワーク
  • 5%から7%の年間収益売上成長率(以前は4%から5%)
  • 一桁台後半のパーセントでの購入価格配分前の1株当たり利益(EPS pre PPA)の年間成長
  • 累進配当政策 : 最大30億ユーロの新株買戻しプログラム– 2022会計年度に開始し、2026年まで実行
  • 2021年度の見通し : 純利益は引き続き57億ユーロから62億ユーロの範囲と予想されるが、Varianの買収に関連して以前に発表された負担を含む

シーメンスAGの社長兼CEOであるRoland Busch氏は、「デジタル化・自動化・持続可能性は当社のビジネスの成長エンジンであり、この分野ではコアビジネスとデジタルビジネスが好循環に影響しあっている。この効果は、より収益性の高い成長を達成するための成長戦略の基盤を形成している」と述べている。

主要分野の目標の中でも特に成長エンジンと位置付けられている、デジタルと持続可能性に関する目標の詳細については以下のとおりである。

これ以降は会員専用コンテンツです。
全文を閲覧するには、会員登録が必要です。

会員の方はログインページよりログインしてご覧ください。

会員登録がまだお済みではない方は、新規会員申し込みページへとお進みください。