スウェーデンに本拠を置く技術・建築コンサルタント会社のSwecoはこのほど、報告書「Building the future through circular data(循環型データによる建設の未来)」を刊行した。

同報告書は、コスト削減・新規制との整合・グリーン資金調達を進めながら、建物を循環型に建設・アップサイクル・改修・再建設・管理する方法を提示した。加えて、建物を材料消費者からマテリアルバンクに変換するべく、解体のためのマッチングやTwinfinity(Swecoが開発した、建物内の循環型資産管理のためのデジタルツインツール)などのべストプラクティスを紹介した。

Swecoが同報告書を刊行した背景は、建設業界による大きな環境負荷だ。現在、建設業界で発生する廃棄物は欧州で年間約4億トンにのぼり、建設業界は世界の排出量の約40%を占めている。気候変動・新規制・バージン材のコスト増加により、建設業界はこれまでのリニア型経済からサーキュラーエコノミーへ移行するべきだとしている。同報告書の概要および見解は、以下のとおり。

Circular Economy Hub Logo

この記事は、Circular Economy Hub 会員専用記事となります。
会員の方は ログイン してご覧ください。いつもありがとうございます。
会員登録を希望される方は 新規会員登録ページ へとお進みください(法人割引あり)。

読者会員

月額980
(1日あたり約32円)

  • Circular Economy Hub の記事読み放題

(特典詳細はこちら

コミュニティ会員

月額2,980
(1日あたり約99円)

  • Circular Economy Hubの記事読み放題
  • 月例イベント(3,000円相当)参加無料
  • 会員限定オンラインコミュニティ参加

(特典詳細はこちら