非営利団体の米ReFEDとサーキュラーエコノミー専門の投資会社の米Closed Loop Partnersはこのほど、1億ドル規模の循環型食品ソリューション基金プラットフォームを創設した。

同プラットフォームは、ReFEDの食品廃棄物分野のソリューションに関する専門知識とClosed Loop Partnersの循環型経済分野の投資・イノベーション企業としての経験を活用し、食品廃棄物ソリューションの開発・拡大を目指す。カタリスト投資に重点を置き、米国の食品廃棄物を35%削減するためのソリューションを開発する組織・自治体・イノベーターに対して、民間や慈善団体による融資や支援を提供する。

ReFEDによると、食品廃棄物ソリューションへの民間投資は2011年以降78億ドルを超え、2021年は年間20億ドルと過去最高を記録した。しかし、2030年までに食品廃棄物を50%削減するという国内および国際的な目標を達成するには十分でなく、さらに多くの資金が必要であるとReFEDはみている。

Circular Economy Hub Logo

この記事は、Circular Economy Hub 会員専用記事となります。
会員の方は ログイン してご覧ください。いつもありがとうございます。
会員登録を希望される方は 新規会員登録ページ へとお進みください(法人割引あり)。

読者会員

月額980
(1日あたり約32円)

  • Circular Economy Hub の記事読み放題

(特典詳細はこちら

コミュニティ会員

月額2,980
(1日あたり約99円)

  • Circular Economy Hubの記事読み放題
  • 月例イベント(3,000円相当)参加無料
  • 会員限定オンラインコミュニティ参加

(特典詳細はこちら