米国の研究者らはこのほど、電子機器および電子廃棄物から大気中に放出される温室効果ガス(GHG)は2014年から2020年にかけて53%増加し、2020年には580トンのCO2が排出されたと発表した。

カリフォルニア大学アーバイン校の研究者らが学術雑誌Circular Economyで明らかにしたもので、規制や法的枠組みがなければ、2030年までに約8.5億トンのCO2が電子廃棄物から放出されるという。同研究の概要は、以下のとおり。

Circular Economy Hub Logo

この記事は、Circular Economy Hub 会員専用記事となります。
会員の方は ログイン してご覧ください。いつもありがとうございます。
会員登録を希望される方は 新規会員登録ページ へとお進みください(法人割引あり)。

読者会員

月額980
(1日あたり約32円)

  • Circular Economy Hub の記事読み放題

(特典詳細はこちら

コミュニティ会員

月額2,980
(1日あたり約99円)

  • Circular Economy Hubの記事読み放題
  • 月例イベント(2,000円相当)参加無料
  • 会員限定オンラインコミュニティ参加

(特典詳細はこちら