英国政府は1月6日、農家や土地所有者による自然復元と持続可能な食料生産を支援し、ネット・ゼロなど気候変動対策を促進する政策を発表した。新しい環境土地管理制度は、2030年までに野生生物種の減少を抑制、イングランドの60%の農地を持続可能な形に管理して、2042年までに最大30万ヘクタール(東京都の約1.5倍)の野生生物の生息地を復元することを目標とする。

同制度は2つの計画から構成される。

ここから先は、Circular Economy Hub 会員専用コンテンツとなります。
会員の方はログインページよりログインしてご覧ください。
会員登録がまだお済みではない方は、新規会員申込ページへとお進みください(法人会員割引もございます)。

  • 読者会員(月額980円):Circular Economy Hub の全記事が読み放題。
  • コミュニティ会員(月額2,980円):会員限定オンラインコミュニティにも参加可能。