英ケンブリッジ大学の「サステナビリティ・リーダーシップ研究所(the University of Cambridge Institute for Sustainable Leadership)以下、CISL」はこのほど、研究所本部を新しい概念で改修することを発表した。

1930年代に電話交換局だった「Eutopia」と名付けられたこの建物は改修され、これまでCISLの研究所として使用されてきた。今回、Eutopiaを炭素排出・電力と天然資源の使用の新基準に基づいて10カ月間で改修し、先端技術を組み込み、環境に配慮した新たな拠点に生まれ変わらせるとしている。

これ以降は会員専用コンテンツです。
全文を閲覧するには、会員登録が必要です。

会員の方はログインページよりログインしてご覧ください。

会員登録がまだお済みではない方は、新規会員申し込みページへとお進みください。