英ケンブリッジ大学の「サステナビリティ・リーダーシップ研究所(the University of Cambridge Institute for Sustainable Leadership)以下、CISL」はこのほど、研究所本部を新しい概念で改修することを発表した。

1930年代に電話交換局だった「Eutopia」と名付けられたこの建物は改修され、これまでCISLの研究所として使用されてきた。今回、Eutopiaを炭素排出・電力と天然資源の使用の新基準に基づいて10カ月間で改修し、先端技術を組み込み、環境に配慮した新たな拠点に生まれ変わらせるとしている。

Circular Economy Hub Logo

この記事は、Circular Economy Hub 会員専用記事となります。
会員の方は ログイン してご覧ください。いつもありがとうございます。
会員登録を希望される方は 新規会員登録ページ へとお進みください(法人割引あり)。

読者会員

月額980
(1日あたり約32円)

  • Circular Economy Hub の記事読み放題

(特典詳細はこちら

コミュニティ会員

月額2,980
(1日あたり約99円)

  • Circular Economy Hubの記事読み放題
  • 月例イベント(3,000円相当)参加無料
  • 会員限定オンラインコミュニティ参加

(特典詳細はこちら