アップルは11月17日、2022年初頭から米国で自己修理プログラムを開始し、同年中に他の国にも拡大すると発表した。同プログラムにより、顧客はアップル純正部品・ツール・マニュアルを入手して自分で修理できるようになる。

iPhone12とiPhone13から同プログラムは開始され、その後M1チップ搭載のMacコンピューターでも展開される。最初はiPhoneディスプレイ・電池・カメラなど最も一般的に修理される部品に焦点を当て、2022年後半に他の部品が追加される予定だ。

こちらは会員専用コンテンツです。
全文を閲覧するには、会員登録が必要です。

会員の方はログインページよりログインしてご覧ください。

会員登録がまだお済みではない方は、新規会員申し込みページへとお進みください。