オーストラリア政府はこのほど、電池産業界が中核となって設立した電池管理協会(Battery Stewardship Council。以下、BSC)が運営する電池管理スキームを認可したことを発表した。

Trevor Evans 廃棄物削減・環境管理副大臣は、「今後、すべての電池小売業者と輸入業者が同スキームに参加し、リサイクルおよび廃棄物削減義務に対応することを期待します。同スキーム認定により、今後5年間で現在の電池回収率は3倍になり、回収された材料の埋め立て処理は90%削減されるでしょう」と述べた。

このコンテンツを閲覧するにはログインが必要です。会員の場合、こちらからログインしてください。