コンサルティング大手のアクセンチュアと世界経済フォーラム(WEF)は、自動車部門におけるサーキュラーエコノミーを実現することで、自動車のライフサイクル全体の炭素排出を2030年までに75%削減することができると発表した。

これは、アクセンチュアとWEFおよびWBCSD(持続可能な開発のための世界経済人会議)が共同で行った調査結果に基づくもので、自動車業界によるサーキュラーエコノミー移行へのガイダンスとして作成された。レポートは、現在加速する自動車業界の電化をサーキュラーエコノミーの推進と一体化させることにより、2030年までに1マイル(約1.6km)/炭素排出を75%・非循環型資源の消費を80%まで削減できると結論付けている。

こちらは会員専用コンテンツです。
全文を閲覧するには、会員登録が必要です。

会員の方はログインページよりログインしてご覧ください。

会員登録がまだお済みではない方は、新規会員申し込みページへとお進みください。