コンサルティング大手のアクセンチュアと世界経済フォーラム(WEF)は、自動車部門におけるサーキュラーエコノミーを実現することで、自動車のライフサイクル全体の炭素排出を2030年までに75%削減することができると発表した。

これは、アクセンチュアとWEFおよびWBCSD(持続可能な開発のための世界経済人会議)が共同で行った調査結果に基づくもので、自動車業界によるサーキュラーエコノミー移行へのガイダンスとして作成された。レポートは、現在加速する自動車業界の電化をサーキュラーエコノミーの推進と一体化させることにより、2030年までに1マイル(約1.6km)/炭素排出を75%・非循環型資源の消費を80%まで削減できると結論付けている。

Circular Economy Hub Logo

この記事は、Circular Economy Hub 会員専用記事となります。
会員の方は ログイン してご覧ください。いつもありがとうございます。
会員登録を希望される方は 新規会員登録ページ へとお進みください(法人割引あり)。

読者会員

月額980
(1日あたり約32円)

  • Circular Economy Hub の記事読み放題

(特典詳細はこちら

コミュニティ会員

月額2,980
(1日あたり約99円)

  • Circular Economy Hubの記事読み放題
  • 月例イベント(3,000円相当)参加無料
  • 会員限定オンラインコミュニティ参加

(特典詳細はこちら