米自動車大手フォードと電子機器メーカーの米HPはこのほど、3Dプリンターで製造した使用済み部品や粉末の自動車部品への再利用に共同で取り組むことを発表した。車両に使用する材料のループを閉じることを目的とする。

2018年、フォードは先端製造技術センターを開設して、3Dプリンター・ロボット工学・AR/VRをはじめとする研究を行うなど、3Dプリンターを自動車産業で活用する研究開発を実施してきた。

これ以降は会員専用コンテンツです。
全文を閲覧するには、会員登録が必要です。

会員の方はログインページよりログインしてご覧ください。

会員登録がまだお済みではない方は、新規会員申し込みページへとお進みください。