デリバティブ取引所運営会社の米CMEグループは、関連するすべての規制当局の審査を経て、グローバル・エミッション・オフセット(GEO)先物取引を開始した。同取引は、世界的な温室効果ガス排出リスクを管理するための市場を基盤としたソリューションを顧客に提供するもので、エネルギーと環境のスポット市場である米Xpansiv market CBL(以下、Xpansiv)とCMEグループが共同開発した。

こちらは会員専用コンテンツです。
全文を閲覧するには、会員登録が必要です。

会員の方はログインページよりログインしてご覧ください。

会員登録がまだお済みではない方は、新規会員申し込みページへとお進みください。