蘭Circle Economyと欧州環境事務局、およびベルギーに本拠を置くフェアトレード・アドボカシー・オフィスは、循環型かつ公正なビジネスモデル促進におけるリスクを示すレポートを発表した。

企業や政府は、循環型かつ公正なビジネスモデル構築にあたって、環境・社会・市場・ガバナンスのリスクを考察し、それに対処する必要がある。そこで同レポートは、欧州の繊維および電子機器分野における「修理とメンテナンス」「再販」「PaaS(サービスとしての製品)」の3つの循環型ビジネスモデルに着目し、それぞれの特徴とリスク、および推奨事項を提示した。各ビジネスモデルの特徴は以下のとおりだ。

これ以降は会員専用コンテンツです。
全文を閲覧するには、会員登録が必要です。

会員の方はログインページよりログインしてご覧ください。

会員登録がまだお済みではない方は、新規会員申し込みページへとお進みください。