ビットコイン調査会社である蘭Digiconomistとマサチューセッツ工科大学の研究者らは、レポート「Bitcoin’s growing e-waste problem(ビットコインの増大する電子廃棄物問題)」を発表した。

暗号資産の一つであるビットコインは、サーバーの構築・運用の費用および送金などでの手数料を低く抑えられ、データのトレーサビリティ確保により透明性の高い取引ができ、安定したシステムの構築・運用が可能になるといった利点を持つ。しかしながら、価格変動が大きいという短所に加え、ビットコインのエネルギー消費量の増加により、持続可能性が問題視されている。

同レポートはビットコインがもたらす電子廃棄物問題について、以下のように報告した。

こちらは会員専用コンテンツです。
全文を閲覧するには、会員登録が必要です。

会員の方はログインページよりログインしてご覧ください。

会員登録がまだお済みではない方は、新規会員申し込みページへとお進みください。