ビットコイン調査会社である蘭Digiconomistとマサチューセッツ工科大学の研究者らは、レポート「Bitcoin’s growing e-waste problem(ビットコインの増大する電子廃棄物問題)」を発表した。

暗号資産の一つであるビットコインは、サーバーの構築・運用の費用および送金などでの手数料を低く抑えられ、データのトレーサビリティ確保により透明性の高い取引ができ、安定したシステムの構築・運用が可能になるといった利点を持つ。しかしながら、価格変動が大きいという短所に加え、ビットコインのエネルギー消費量の増加により、持続可能性が問題視されている。

同レポートはビットコインがもたらす電子廃棄物問題について、以下のように報告した。

Circular Economy Hub Logo

この記事は、Circular Economy Hub 会員専用記事となります。
会員の方は ログイン してご覧ください。いつもありがとうございます。
会員登録を希望される方は 新規会員登録ページ へとお進みください(法人割引あり)。

読者会員

月額980
(1日あたり約32円)

  • Circular Economy Hub の記事読み放題

(特典詳細はこちら

コミュニティ会員

月額2,980
(1日あたり約99円)

  • Circular Economy Hubの記事読み放題
  • 月例イベント(3,000円相当)参加無料
  • 会員限定オンラインコミュニティ参加

(特典詳細はこちら