米化学大手ダウは、リサイクル可能な歯磨きチューブの商品化に成功し、世界各地で店頭販売すると10月12日に発表した。同製品はアジア太平洋地域で開発・製造され、大手消費者ブランドで大量生産される。責任ある廃棄とリサイクル用のインフラが整備されたことで、使用済みチューブの埋立て処分量を削減できるとしている。

従来型の歯磨きチューブの廃棄量は、年間10万トンにのぼり、エッフェル塔10基分に相当するという。歯磨き粉は酸素や湿度の影響を受けやすく、メーカーは複数のプラスチックとアルミニウムを重ねたチューブを使用していたため、リサイクルは技術的に難しかった。

こちらは会員専用コンテンツです。
全文を閲覧するには、会員登録が必要です。

会員の方はログインページよりログインしてご覧ください。

会員登録がまだお済みではない方は、新規会員申し込みページへとお進みください。