米化学大手ダウは、リサイクル可能な歯磨きチューブの商品化に成功し、世界各地で店頭販売すると10月12日に発表した。同製品はアジア太平洋地域で開発・製造され、大手消費者ブランドで大量生産される。責任ある廃棄とリサイクル用のインフラが整備されたことで、使用済みチューブの埋立て処分量を削減できるとしている。

従来型の歯磨きチューブの廃棄量は、年間10万トンにのぼり、エッフェル塔10基分に相当するという。歯磨き粉は酸素や湿度の影響を受けやすく、メーカーは複数のプラスチックとアルミニウムを重ねたチューブを使用していたため、リサイクルは技術的に難しかった。

Circular Economy Hub Logo

この記事は、Circular Economy Hub 会員専用記事となります。
会員の方は ログイン してご覧ください。いつもありがとうございます。
会員登録を希望される方は 新規会員登録ページ へとお進みください(法人割引あり)。

読者会員

月額980
(1日あたり約32円)

  • Circular Economy Hub の記事読み放題

(特典詳細はこちら

コミュニティ会員

月額2,980
(1日あたり約99円)

  • Circular Economy Hubの記事読み放題
  • 月例イベント(3,000円相当)参加無料
  • 会員限定オンラインコミュニティ参加

(特典詳細はこちら