グローバル企業・金融機関・NGOを含む85組織から成る企業連合はこのほど、プラスチックごみに関する法的拘束力のある国際条約締結に向けた共通ビジョンを発表した。

2022年11月末に予定されている第1回政府間交渉委員会(INC)を前に、賛同組織は加盟国が国内で実施する共通の目標・規則・義務を定めた国際条約の必要性を訴えた。共通の目標・規則・義務は、企業や投資家に公平な競争の場を提供し、包摂的な解決策をもたらすと85組織はみている。共通ビジョンの概要は、以下のとおり。

Circular Economy Hub Logo

この記事は、Circular Economy Hub 会員専用記事となります。
会員の方は ログイン してご覧ください。いつもありがとうございます。
会員登録を希望される方は 新規会員登録ページ へとお進みください(法人割引あり)。

読者会員

月額980
(1日あたり約32円)

  • Circular Economy Hub の記事読み放題

(特典詳細はこちら

コミュニティ会員

月額2,980
(1日あたり約99円)

  • Circular Economy Hubの記事読み放題
  • 月例イベント(2,000円相当)参加無料
  • 会員限定オンラインコミュニティ参加

(特典詳細はこちら