エンジニアリング企業の英アラップとエレン・マッカーサー財団はこのほど、ツールキット「Circular Buildings Toolkit(循環型建物ツールキット。以下、CBT)」を開発した。

環境負荷の大きい建設部門は、これまでエネルギー効率に焦点を当ててきたが、温室効果ガス排出量の約半分は生産・運用段階で排出され、建設資材の価値の約95%は建物の老朽化・解体によって失われているとアラップは発表した。これは、建設部門がリニア型モデルを採用していることに大きく起因するとし、アラップとエレン・マッカーサー財団は建物の循環型経済を主流にするべくCBTを設計した。

Circular Economy Hub Logo

この記事は、Circular Economy Hub 会員専用記事となります。
会員の方は ログイン してご覧ください。いつもありがとうございます。
会員登録を希望される方は 新規会員登録ページ へとお進みください(法人割引あり)。

読者会員

月額980
(1日あたり約32円)

  • Circular Economy Hub の記事読み放題

(特典詳細はこちら

コミュニティ会員

月額2,980
(1日あたり約99円)

  • Circular Economy Hubの記事読み放題
  • 月例イベント(2,000円相当)参加無料
  • 会員限定オンラインコミュニティ参加

(特典詳細はこちら