ニュージーランド政府はこのほど、飲料容器回収スキームの国内構築を目指し、意見公募を開始した。容器回収スキームをはじめ、家庭ごみのリサイクル改善や事業系食品廃棄物の分別についての意見をオンラインにて5月8日まで受け付けている。

容器回収スキーム構築の背景には、毎年ニュージーランドで20億本以上の飲料容器が消費され、約半数の使用済み容器が埋め立て、もしくは路上・海洋などに廃棄され、環境に負の影響を与えている現状がある。

Circular Economy Hub Logo

この記事は、Circular Economy Hub 会員専用記事となります。
会員の方は ログイン してご覧ください。いつもありがとうございます。
会員登録を希望される方は 新規会員登録ページ へとお進みください(法人割引あり)。

読者会員

月額980
(1日あたり約32円)

  • Circular Economy Hub の記事読み放題

(特典詳細はこちら

コミュニティ会員

月額2,980
(1日あたり約99円)

  • Circular Economy Hubの記事読み放題
  • 月例イベント(3,000円相当)参加無料
  • 会員限定オンラインコミュニティ参加

(特典詳細はこちら