オランダのサーキュラーエコノミー推進機関 Circle Economyは、カナダ・ケベック州政府機関RECYC-QUÉBECと共同で「サーキュラリティ・ギャップ・レポート・ケベック」を発行した。同レポートは、ケベック州の循環性(サーキュラリティ)ギャップを縮小するための6つのシナリオを示す。

世界全体のサーキュラリティが8.6%であるのに対し、ケベック州は3.5%にとどまっている。地域版として初めてリリースされた同レポートは、ケベック州経済の強みを詳細に分析し、同州がサーキュラーエコノミーに取り組む機会を特定。6つの主要部門におけるサーキュラーエコノミー戦略により、サーキュラリティが3.5%から9.8%へ向上させることができるとした。

これ以降は会員専用コンテンツです。
全文を閲覧するには、会員登録が必要です。

会員の方はログインページよりログインしてご覧ください。

会員登録がまだお済みではない方は、新規会員申し込みページへとお進みください。