欧州環境機関(European Environment Agency。以下、EEA)はこのほど、ブリーフィング「サーキュラーエコノミーへの選択を消費者へ(Enabling consumer choices for a circular economy)」を発表した。

サーキュラーエコノミー移行を推進するにあたり、消費者動向の形成を目的とする政策には大きな効果が期待できるとの見解を示した。同ブリーフィングの概要は、以下のとおり。

これまでの政策は、製品や生産工程における環境負荷の削減や消費者への情報提供を目的として開発されてきた。しかしながら、生産と消費システムは密接に紐付けられており、相互に大きく影響し合う。生産者は消費者需要に対応しながら消費者需要を形成し、消費者による選択は設計などの製品サプライチェーンの上流部門やリサイクラーなどの下流部門の決定に大きな影響を与える。

消費者と企業の両方が商品需要を左右するという考えに基づき、同ブリーフィングでは、これまで政策開発において模索されてこなかった消費者動向に焦点を当て、その動向が生産者へ与える影響について概説する。消費者動向に影響を与える要因に着目してモデル理論を打ち立てながら、サーキュラーエコノミー移行政策の消費者動向への影響も探索している。そのなかで展開される主要議論は、下記である。

Circular Economy Hub Logo

この記事は、Circular Economy Hub 会員専用記事となります。
会員の方は ログイン してご覧ください。いつもありがとうございます。
会員登録を希望される方は 新規会員登録ページ へとお進みください(法人割引あり)。

読者会員

月額980
(1日あたり約32円)

  • Circular Economy Hub の記事読み放題

(特典詳細はこちら

コミュニティ会員

月額2,980
(1日あたり約99円)

  • Circular Economy Hubの記事読み放題
  • 月例イベント(3,000円相当)参加無料
  • 会員限定オンラインコミュニティ参加

(特典詳細はこちら