自動車メーカーの独メルセデス・ベンツはこのほど、ドイツ南部のクッペンハイムに現在建設中の自社リサイクル施設で、2023年に実証プロジェクトを開始することを発表した。この施設はカーボンニュートラルとなることを宣言しており、同プロジェクトはリサイクルソリューションを手掛ける合弁会社のPrimobiusおよび複数の研究機関との協働で実施される。

メルセデス・ベンツはサステナビリティを自社の企業戦略の不可欠要素と定め、生産におけるカーボンニュートラルと全車種のEV移行を目指している。また、リサイクル可能素材のクローズドループシステムの構築・循環型設計・価値の維持・リサイクル処理にも焦点を当てている。

Circular Economy Hub Logo

この記事は、Circular Economy Hub 会員専用記事となります。
会員の方は ログイン してご覧ください。いつもありがとうございます。
会員登録を希望される方は 新規会員登録ページ へとお進みください(法人割引あり)。

読者会員

月額980
(1日あたり約32円)

  • Circular Economy Hub の記事読み放題

(特典詳細はこちら

コミュニティ会員

月額2,980
(1日あたり約99円)

  • Circular Economy Hubの記事読み放題
  • 月例イベント(3,000円相当)参加無料
  • 会員限定オンラインコミュニティ参加

(特典詳細はこちら