欧州繊維産業連盟(EURATEX)が2020年に開始したイニシアチブのReHubs(※)はこのほど、Techno Economic Master Study(技術経済研究)を完了した。

同研究では、2030年までに繊維廃棄物250万トンをリサイクルし、ReHubsを効果的に運営するための技術・組織・財務需要・繊維廃棄物の原料のデータに関する情報を調査した。調査には、化学大手の独BASFやイノベーションを用いた生地製造の伊SAATIをはじめとする先駆的企業が参加した。同研究の成果として、ReHubsは以下を明らかにした。

Circular Economy Hub Logo

この記事は、Circular Economy Hub 会員専用記事となります。
会員の方は ログイン してご覧ください。いつもありがとうございます。
会員登録を希望される方は 新規会員登録ページ へとお進みください(法人割引あり)。

読者会員

月額980
(1日あたり約32円)

  • Circular Economy Hub の記事読み放題

(特典詳細はこちら

コミュニティ会員

月額2,980
(1日あたり約99円)

  • Circular Economy Hubの記事読み放題
  • 月例イベント(2,000円相当)参加無料
  • 会員限定オンラインコミュニティ参加

(特典詳細はこちら