仏ルノー・トラックスはこのほど、使用済みトラックを解体してリサイクルし、スペア部品をリユースする専用工場をリヨン ヴェニシューの製造施設に開設すると発表した。

同工場の開設にあたっては、自動車リサイクルのサービスを提供する仏Indra Automobile Recyclingおよびフランス環境エネルギー管理庁(ADEME)と共同で、実現可能性調査を実施した。同工場と中古スペア部品の概要について、ルノー・トラックスは以下を公表した。

工場の延べ床面積は3000平方メートルで、物流センターからほど近い場所に建設される。走行距離の長いルノー・トラックス中古車両とリユースできる可能性が高い部品を取り扱う。ルノー・トラックスの車両と部品は、走行距離150万km以上でも耐久性を持つよう設計されている。

Circular Economy Hub Logo

この記事は、Circular Economy Hub 会員専用記事となります。
会員の方は ログイン してご覧ください。いつもありがとうございます。
会員登録を希望される方は 新規会員登録ページ へとお進みください(法人割引あり)。

読者会員

月額980
(1日あたり約32円)

  • Circular Economy Hub の記事読み放題

(特典詳細はこちら

コミュニティ会員

月額2,980
(1日あたり約99円)

  • Circular Economy Hubの記事読み放題
  • 月例イベント(2,000円相当)参加無料
  • 会員限定オンラインコミュニティ参加

(特典詳細はこちら