サウジアラビアの石油化学大手SABICと栄養・健康・サステナブルな暮らしの分野で事業展開する蘭総合化学のRoyal DSM(以下、DSM)はこのほど、混合プラスチック廃棄物を原料とするポリマーを使用した新製品を共同製造すると発表した。

同パイロットプロジェクトにおいてDSMは、SABICのTRUCIRCLE™ポートフォリオが認証した循環型エチレンを使用した超高分子量ポリエチレン(HMPE)であるDyneema®を生産する。Dyneema®は、セーリング用ロープと遠洋底曳き網に使用される。

このコンテンツを閲覧するにはログインが必要です。会員の場合、こちらからログインしてください。