シンガポールの産業開発を担う公共機関であるJTCコーポレーションはこのほど、JTCコーポレーションが牽引するサーキュラーエコノミー研究プロジェクト「ジュロン島サーキュラーエコノミー研究(JICE)」に石油大手など51社が参加することを発表した。51社には、エネルギー会社の米Chevronや石油会社の米ExxonMobil・蘭Shellなどが含まれている。

JICEは、資源の最適化を軸として長期的な持続可能性を目指し、シンガポールの経済や環境問題を担当する政府機関の支援のもとで2019年に開始された。JICEでは各企業がエネルギー・水・化学系廃棄物に関するデータを共有し、資源使用量削減の相乗効果を探求する。

このコンテンツを閲覧するにはログインが必要です。会員の場合、こちらからログインしてください。