ラテンアメリカとカリブ海のサーキュラーエコノミー連合はこのほど、同地域のサーキュラーエコノミーに関する共通ビジョン「Circular economy in Latin America and the Caribbean:a shared vision」を発表した。

同ビジョンは、サーキュラリティに基づく持続可能な経済発展という共通目標を達成するべく、政府・利害関係者・イニシアチブによる行動を促進することを目的とする。同地域の特徴と文化に合わせて調整され、リニア型モデルからの移行・新型コロナウイルス感染症蔓延からのレジリエントな回復・人々の包摂に焦点を当てた同ビジョンは、各国間の連携と協力を創出し、将来のプロジェクトを牽引するのに役立つとしている。サーキュラーエコノミーへの移行による地域の将来像を示した同ビジョンは、地域の数十人の政府関係者・国際機関・企業・学術機関の代表者の助言をもとに作成された。同ビジョンの概要は、以下のとおり。

Circular Economy Hub Logo

この記事は、Circular Economy Hub 会員専用記事となります。
会員の方は ログイン してご覧ください。いつもありがとうございます。
会員登録を希望される方は 新規会員登録ページ へとお進みください(法人割引あり)。

読者会員

月額980
(1日あたり約32円)

  • Circular Economy Hub の記事読み放題

(特典詳細はこちら

コミュニティ会員

月額2,980
(1日あたり約99円)

  • Circular Economy Hubの記事読み放題
  • 月例イベント(3,000円相当)参加無料
  • 会員限定オンラインコミュニティ参加

(特典詳細はこちら