スターバックスは、米シアトルの5店舗にて再利用可能カップの使用試験を2021年3月30日から5月31日まで実施している。

2030年までに廃棄物削減50%を目標に掲げるスターバックスは、使い捨てカップ削減を打ち出しており、同試験はその一環となる。スターバックスのロゴ入りカップはリサイクルできるが、ほとんどが使い捨てられており、同社は状況改善に向けてカップ再利用推進に注力していることを発表している。同試験の目的は、再利用可能カップを使用した飲み物注文を顧客に促し、使い捨てカップ使用を削減することだ。

これ以降は会員専用コンテンツです。
全文を閲覧するには、会員登録が必要です。

会員の方はログインページよりログインしてご覧ください。

会員登録がまだお済みではない方は、新規会員申し込みページへとお進みください。