第8回欧州連合(EU)・中国閣僚級環境政策会合が4月27日に開催された。本会合は2003年より開催されているもので、今回は2021年10月に中国で開催予定の第15回生物多様性条約締約国会議(以下、COP15)に先立って開催された。

会合には、EUの環境・海洋・漁業担当委員であるVirginijus Sinkevičius氏と、中国の生態環境省大臣の黄潤秋(Huang Runqiu)氏が出席。生物多様性危機の規模を認識したうえで、生物多様性と生態系の保護、保全、そして回復のための取り組みを強化することを約束した。また、COP15を成功させる準備と望ましい結果についての意見を交換し、両国内での具体的な行動を更新する機会となった。

これ以降は会員専用コンテンツです。
全文を閲覧するには、会員登録が必要です。

会員の方はログインページよりログインしてご覧ください。

会員登録がまだお済みではない方は、新規会員申し込みページへとお進みください。