独フラウンホーファーIZM(信頼性・マイクロインテグレーション研究所)はこのほど、連邦教育研究省が「エネルギー転換のための資源効率化」研究キャンペーンの一環として支援する「SUMATRAプロジェクト」について発表した。

2021年6月1日に開始された同プロジェクトは2023年9月30日まで実施され、合計110万ユーロが投資される予定だ。同プロジェクトはネットゼロを目指す欧州グリーンディールの野心的な目標に貢献するとしている。同プロジェクトの詳細と見解について、フラウンホーファーIZMは以下を公表した。

SUMATRAプロジェクトは照明器具メーカーのバリューチェーン全体を調査して、資源やエネルギーを節約し電子廃棄物を削減するなど、持続可能なものにすることを目的とする。フラウンホーファーIZMと環境サービスプロバイダーの独Interserohが照明器具メーカーの独TRILUXと独OSRAMのバリューチェーンをエコライフサイクルの観点から評価し、その考察をメーカーの生産工程の環境負荷削減と、製品に使用する材料の持続可能性向上につなげることを目指す。

Circular Economy Hub Logo

この記事は、Circular Economy Hub 会員専用記事となります。
会員の方は ログイン してご覧ください。いつもありがとうございます。
会員登録を希望される方は 新規会員登録ページ へとお進みください(法人割引あり)。

読者会員

月額980
(1日あたり約32円)

  • Circular Economy Hub の記事読み放題

(特典詳細はこちら

コミュニティ会員

月額2,980
(1日あたり約99円)

  • Circular Economy Hubの記事読み放題
  • 月例イベント(3,000円相当)参加無料
  • 会員限定オンラインコミュニティ参加

(特典詳細はこちら