国連貿易開発会議(UNCTAD)が主導した第4回国連海洋フォーラム(2022年4月開催)は、海洋を保全し持続的に利用するブルーディールへの長期投資を呼びかけた。

海洋資源は発展途上国を中心に約30億人に仕事と食料を提供し、貿易額年間2.5兆ドル・世界のGDPの約3%(2020年)に相当するなど経済的に重要である。しかし近年、海洋資源は脅威にさらされている。海洋環境に約800万〜1200万トンのプラスチック廃棄物と51兆個のマイクロプラスチック粒子があふれ、食物連鎖に入り込んでおり、漁業資源の約34%が生物学的に持続可能なレベルを下回っている。他方で、2013年から2018年、海洋経済を対象とした政府開発援助は1.6%(年間約29億ドル)に過ぎず、資金配分は地理的に不均一で、最貧国、特に小島嶼開発途上国(SIDS)や後発開発途上国に提供されていない。

このような問題を解決するためにフォーラムが提言した持続可能な海洋経済を構築する5つの行動は、以下のとおり。

Circular Economy Hub Logo

この記事は、Circular Economy Hub 会員専用記事となります。
会員の方は ログイン してご覧ください。いつもありがとうございます。
会員登録を希望される方は 新規会員登録ページ へとお進みください(法人割引あり)。

読者会員

月額980
(1日あたり約32円)

  • Circular Economy Hub の記事読み放題

(特典詳細はこちら

コミュニティ会員

月額2,980
(1日あたり約99円)

  • Circular Economy Hubの記事読み放題
  • 月例イベント(2,000円相当)参加無料
  • 会員限定オンラインコミュニティ参加

(特典詳細はこちら