エレン・マッカーサー財団はこのほど、財団が2019年にローンチしたジーンズのサーキュラーエコノミー化を促進するイニシアチブ「The Jeans Redesign」の2年間の成果と報告をまとめたレポート「The Jeans Redesign: Insights from the first two years.」を発表した。

「The Jeans Redesign」は、同財団が推進するアパレル業界向けのイニシアチブ「Make Fashion Circular」から始まり、H&MやTommy Hilfigerなど多数の大手ファッションブランドを含め、世界20か国以上の企業や小売などが加盟するイニシアチブだ。参加組織は80のジーンズ専門家が作成したサーキュラージーンズ生産のためのガイドラインに沿って、2年間ジーンズのサーキュラー化をそれぞれに試みてきた。

プロジェクトの参加組織は、これまでにサーキュラーエコノミーの原則に適合したサーキュラージーンズを50万本以上市場に流通させている。その数はアパレル市場全体の一部ではあるものの、サーキュラージーンズ生産の可能性を広く証明した。

このコンテンツを閲覧するにはログインが必要です。会員の場合、こちらからログインしてください。