国際的な梱包資材大手の英DSスミスは、11~14歳の子供向けに開発した「サーキュラーエコノミー授業計画」を発表した。

エレン・マッカーサー財団と共同で作成された同授業計画は、サーキュラーエコノミーの意義と重要性について子供たちに伝え、参加を促すことを目的とする。DSスミスは、同授業計画の特徴について以下を発表した。

こちらは会員専用コンテンツです。
全文を閲覧するには、会員登録が必要です。

会員の方はログインページよりログインしてご覧ください。

会員登録がまだお済みではない方は、新規会員申し込みページへとお進みください。